FAQ

ピアノをいつまでもきれいに使うために

ピアノは清潔に保つには?


意外と気づかないのが、鍵盤の汚れです。指から出る皮脂(油分)で、黒鍵がくすんで見えませんか??そんなときは、ピアノの鍵盤専用のクリーナーまたは柔らかい布でよく拭くようにしましょう。また、外装部分も専用のクリーナーがあります。こまめにお掃除することで、ピアノを長くきれいに保つことができます。




ピアノはどこに置くのがベスト?


ピアノを置く部屋の温度・湿度にも注意しましょう
ピアノは大変デリケートな楽器。温度や湿度(60%以下)の変化にはとても敏感で、音色が微妙に変わってしまう場合があります。部屋の空気を入れ替え、湿気がこもらないように心がけましょう。  




定期的なメンテナンスは必要?


気をつけて使っていても、時間がたつにつれて次第に弦が伸びていき、音程が乱れてしまいます。やはり、定期的な調律を行うことが、一番のメンテナンスになります。調律師はピアノについての豊富な知識と確かな技術を持っており、あなたのピアノを最適な状態に調律させていただきます。安心してお任せ下さい。




引越しのときはどうすればいいの?


ピアノはとても大きく、また重い楽器のため、お引越しなどで移動させる場合は、特に気を配らなければなりません。
ピアノの移動や引越し業者のご紹介などのご相談も無料で行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:099-275-0067 お問い合わせフォーム





ピアノをもっと深く知ろう!

グランドピアノとアップライトピアノの違いは?


グランドピアノが、弦を水平に張った本来の形のピアノであるのに対して、アップライトピアノは、限られた設置面積でも演奏を楽しめるように、弦を垂直に張ったピアノです。

アップライトピアノは、19世紀半ばから登場しました。それまで貴族など、特別な人だけが持っていたピアノが徐々に庶民の間に広まっていったため、限られたスペースにも納められるように開発されました。

グランドピアノには音が滑らかでよく伸びる、音にむらがなくバランスが良いため、微妙な表情をつけられるといった特長があります。




他の楽器の音域はどれくらいちがう?


ピアノと他の楽器との最大の違いは、その音域の広さにあります。
上記の表からもわかるように、ピアノはバイオリンやトランペット、フルートといった多種多様な楽器が持つ音域のすべてをカバーしているのです。
また、ピアノは表現できる音量の幅や、どのような楽器とでもアンサンブルを楽しむことができるといった用途の多様さでも、他の楽器を一歩リードしています。
このことがまさに、ピアノが「楽器の王様」と呼ばれる所以と言えるでしょう。





Piano tuner

Keijiro Matsuda

調律師 松田圭治郎プロフィール
1972年国立音楽大学調律科を卒業。卒業後はディアパソン社、東京の三新ピアノ社で技術を学ぶ。75年鹿児島市松田ピアノ社に入社し、調律師としての活動と共に県内各地数多くのコンサートに参加。
95年にピアノ工房ハートアートを設立し、現在は、鹿児島の一般家庭・幼稚園・小・中・高学校・大学などのピアノ調律を多数担当。年間700台以上の調律を行う。日本ピアノ調律師協会所属。

Kentaro Matsuda

調律師 松田憲太郎プロフィール

一級ピアノ調律技能士。(国家資格、厚生労働大臣名による合格証書授与)。鹿児島県内において最年少33歳で合格(2019年4月当時)。お客様との信頼関係を大切に、ピアノに向き合う日々を送る。趣味は釣り。

Contact

ピアノに関するご相談、修理のご依頼・ご質問等、承ります。

ピアノ工房ハートアート

鹿児島県鹿児島市星ヶ峯2丁目31-6
TEL:099-275-0067 FAX:099-275-0261

piano.heart.art@gmail.com

©2019 by Ongaku-koubou HEART ART,Inc. All Rights Reserved.